スウィン大教YouTubeチャンネルへ!
大宮東校お知らせ 2018年12月10日

大宮東 スイミングで免疫力を高めよう!

寒い季節になってきました。

この季節なると気になるのが、インフルエンザを中心としたウイルス感染

感染すると苦しいのなんのって・・・辛いですよね。本当に。

(今年は特に予防薬が不足していると。。。)

 

今日は、これらを予防するにはスイミングは絶好の場所なんです。という情報です。

 

 

それは、

『湿度が高い』

 

ということです。

 

 

風邪予防・ウイルス対策には、湿度のコントロールが欠かせません!

バクテリア・ウイルスなどは湿度40~60%が苦手な環境といわれています。

【ちなみに当スクールプールサイドは60%~70%くらいあります】

また、 湿気があると「鼻」や「のど」などの粘膜にウイルスが吸着しにくくなり、体内に侵入するのを防ぐ効果もアップするからです。

 

子どもがスイミングをすることで、風邪を予防できる理由は、

  • ①皮膚が丈夫になり、免疫力が上がる

  • ②体温調節機能が向上する

  • ③心肺機能を高めることができる

これらになります。

 

プールの中に入ることで、皮膚が水温と水圧に刺激されます。

皮膚が刺激されることで、血管の発達を促し、血流が良くなることで体の免疫力を高めることができます。

プールの水は、体温より低い31度前後に設定されていますので、プールに入っていると短時間で体温が奪われてしまいます。身体はこれを回復しようと、たくさんのエネルギーを消費します。
水の冷たさによる刺激が皮膚を鍛え、自律神経の働きを高め、風邪をひきにくい身体を作る効果が期待できるんです。

 

また、子どもはプールのなかで汗を流し、熱を外に逃がすことができないので、体温調整機能が向上します。

体温調整機能が向上することにより、体が気温の変化に強くなり、

  • ①風邪に負けない体質

  • ②熱中症にかかりづらくなる

これら、風邪や熱中症を予防することができます。

 

 

子どもの風邪を予防するなら、こんなことにも気をつけることもオススメ!

 

  1. ①睡眠不足にならない

  2. ②バランスの良い食事を心がけ、ビタミンを摂る

  3. ③極端な厚着や薄着をしない

  4. ④手洗い、うがいをする

  5. ⑤乾燥した場所、人混みを避ける

こういったことも、風邪を予防になるんですよ。

特に集団生活など、菌をもらいやすい環境にいる場合は、手洗い、うがいを忘れないようにしてきましょう。

 

真の強い身体作りは“継続”することです。

スイミングを通じて、免疫力の高い、強い身体作りをしていきましょう!

 

 


 

そんな

スウィン大教スイミングスクール大宮東では、

只今絶賛受付中です!

もちろん、

冬休み短期教室です。

 

運動して身体を鍛え、

安心・安全なスイミングで

免疫力の高い身体づくりをしていきましょう。